乳がん健診(乳腺ドック)をお勧めします

乳がん検診について

乳腺クリニックでは、自覚症状がある場合だけでなく、無症状の段階で検査を受けることも可能です。症状が出現する前の早期発見は、乳がん患者さんを救う重要な手段といえます。

症状のない方が受けることができるものに乳がん検診があります。乳がん検診(または健診)には、公費の補助を受けた区検診や、職場で受診する健診などがあります。もちろん自費で受診する乳腺ドックも、広い意味での検診にあたります。

乳がん検査・診断の流れ

乳がん検査・診断の流れ

乳がん健診(乳腺ドック)の検査内容

問診、検査(マンモグラフィ・超音波検査)、視診・触診を行います。検査は一方だけ、あるいは両方行われることもあります。

マンモグラフィ

マンモグラフィ通常のX線検査では乳がんを発見できません。マンモグラフィという乳房専門のX線検査を行います。乳房全体を撮影できるように向きを変えながら板状のもので乳房を挟んで撮影します。触診ではわかりにくい1㎝以下のしこりや、乳がんの初期症状である石灰化の発見に有効な検査です。マンモグラフィは乳がんの早期発見に高い効果があることがわかっており、X線被ばく量も比較的少ないためメリットが多い検査です。
画像の読影を行う院長は、日本乳がん検診精度管理中央機構による読影認定医師であり、長く研鑽を積んだ豊富な経験を持っています。

超音波検査

超音波検査超音波検査機器(エコーと簡便に表現することも多いです)を用い、乳房に超音波をあてて検査を行います。乳腺内の腫瘍や、乳管内病変の有無などを確認できます。また、腫瘍がある場合は、その大きさや、腫瘍内の血流なども見ることが可能です。放射線による被爆がなく安全に行える検査です。特に20〜30歳程度の若い女性は乳腺が発達しているため、マンモグラフィでは乳腺が腫瘍の影と重なりやすく、超音波による検査の方が有効な場合があります。一方、石灰化はマンモグラフィの方が得意であり、一方の検査だけで十分なわけではありません。

視診・触診

視診では乳頭や皮膚に変化がないかを確認します。触診では乳房に腫瘤(しこり)がないかを調べ、乳頭からの異常分泌の有無も確かめます。腋窩(脇の下)や頚部のリンパ節を確認して腫れなどの異常がないかも確かめます。

細胞診検査

疑わしい部分の細胞を採取してその組織をくわしく調べる検査です。超音波検査画像をリアルタイムで確認しながら乳房内に細い針を刺して疑わしい部分の組織を陰圧によって吸引採取します。
採取した細胞を顕微鏡で確認して良性・悪性を判断しますが、細胞診では診断に十分な量の細胞を採取できないケースがあります。その場合には組織学的検査を行います。

組織診(針生検)

細胞診よりも太い針を使って疑わしい部分の検体を採取する検査で、局所麻酔を行ってから採取します。太い針を使うため検体の量が多く、良性・悪性の判断だけでなく、病変の性質などより具体的な診断が可能です。

乳腺ドックの流れ

検査の内容や順番は当日の状況により異なりますのでご留意ください。

1予約

当クリニックの乳腺ドックは予約制になっています。ご予約は、①電話、②インターネット、③直接ご来院頂いて受付で予約、のいずれかの方法になります。

2受付

はじめて受診される方にお持ち頂きたいもの
  • 健康保険証
  • 検査結果(他の医療機関の検査結果がある場合、可能であればお持ち下さい。)
再受診される方にお持ち頂きたいもの
  • 健康保険証
  • 診察券

ご来院頂きましたら受付に『予約時間』『氏名』をお伝え下さい。
はじめて受診される方には、問診表をご記入いただきます。今までの検査結果や現在の状況についてお伺いいたします。不安なことやご不明な点などご遠慮なくお伝えください。

3検査

  1. マンモグラフィ検査
  2. 超音波検査

4診察・結果説明

触診も同時に行い、当日検査結果説明を行います。
精密検査が必要と判断した場合には、そのまま当日精密検査をお受けいただくか、あるいは後日の予約をお取りいたします。

当院のマンモグラフィの特徴

当院のマンモグラフィ当クリニックのマンモグラフィは、最新式の富士フイルム社製のフラットパネルといわれるフィルムを用いないデジタルマンモグラフィ機器です。乳腺組織の発達した若い女性に多い、「きわめて高濃度の乳腺」(マンモグラフィの画像が全体に白く写り、腫瘍と正常乳腺の見分けができない状態)が少ない特徴があります。
撮影された画像は、非常に精細な5メガピクセルのモニターを用いて診断しています。超音波検査も同じモニターで画像を確認しています。

検査費用

自費診療の場合

乳房の症状がなく、乳がん健診(乳腺ドック)を希望される方は自費診療となります
(ただし、疾患が見つかった場合は保険診療に変わります)

検査内容 費用
視触診+マンモグラフィ+超音波 12,500円(税込)
視触診+マンモグラフィ 9,500円(税込)
視触診+超音波 7,000円(税込)

保険診療

乳房に症状のある方は保険診療となります

検査内容 費用(初診で3割負担の場合の概算)
視触診+マンモグラフィ+超音波 3,600円(税込)
視触診+マンモグラフィ 2,550円(税込)
視触診+超音波 1,910円(税込)
TEL.03-6908-1026 WEB予約はこちら
一番上に戻る